新着情報

【タイ】チーズタルトのパブロ、タイ1号店

NNA 10月28日(金)9時41分配信
 チーズタルト専門店「パブロ」を運営するドロキア・オラシイタ(大阪市)は27日、タイ企業とのフランチャイズ(FC)契約を通じてタイ1号店を開店した。チーズタルトの人気が高いタイで初年度に売上1億バーツ(約3億円)を目指す。
 バンコク中心部の高級商業施設「サイアム・パラゴン」に出店した。店舗面積は100平方メートルで、座席数は30席。チーズタルトの種類はプレーン、抹茶、チョコレートで、価格は75〜780バーツ。同日には大勢の人が店に詰め掛け、施設の外まで行列ができた。
 店舗の運営はホテル・商業施設開発、飲食店運営を手掛けるタイのバイヨーク・グループが設立した新会社、PDSスイートが手掛ける。同社はドロキア・オラシイタからタイにおけるFC権を取得。4,000万バーツを投じて1号店を開店した。向こう5年でタイにパブロ8店を展開する計画で、来年は3〜4店を開店する見通し。
 27日付バンコクポストによると、バイヨーク・グループのピヤルート副会長は「パブロのチーズタルトは日本を訪れるタイ人にとって絶対に食べたい物のひとつ」とPR。訪日タイ人の増加を受けて、タイでパブロの人気が高まっていることがFC契約を結ぶ決め手になったと説明した。
 パブロはタイのほか、韓国、台湾、フィリピンに進出している。

NNAの食に関する記事を表示しています。