新着情報

【韓国】11月から国産ビール6%値上げ、最大手OB

NNA 10月31日(月)1時57分配信
 韓国のビール最大手OBビールが11月1日から国産ビール全製品の出荷価格を平均6%引き上げる。4年3カ月ぶりの値上げ。空容器の取扱手数料の引き上げや関税割当廃止などによるコスト増に対応する。販売管理費の増加もあり、値上げに踏み切ったもよう。28日付アジア経済新聞が伝えた。
 OBビールは「CASS」や「プレミアOB」「カプリ」などの韓国産ビールを製造販売している。瓶入りCASS(500ミリ入り)の場合、来月から1,147ウォン(約105円)と約65ウォン上がる。値上げ幅は09年の2.8%、12年の5.9%を上回る。輸入ビールは値上げの対象外となる。
 酒類メーカーは昨年末に焼酎価格を相次ぎ引き上げており、ビールも何度も値上げのうわさがあった。時期を見計らっていただけで、値上げは確実とみられていた。
 競合他社の動きが注目されるが、近年人気の高い輸入ビールに対抗して価格競争力でシェア拡大を図るため、値上げはしないとの見方もある。

NNAの食に関する記事を表示しています。