新着情報

【ベトナム】滋賀県が食品・観光商談会、ベトナムで初開催

NNA 11月10日(木)1時57分配信
 滋賀県は9日、ホーチミン市で「食と観光」をテーマにしたセミナー・商談会を開催した。ベトナムでの開催は初めて。三日月大造知事も会場に駆けつけ、商談会の様子を視察した。
 セミナーでは、滋賀県と共催する公益社団法人びわこビジターズビューロー(大津市)の廣脇正機専務理事が、琵琶湖や彦根城、比叡山、ミホミュージアム、子ども歌舞伎で知られる長浜曳山まつり、信楽焼の焼き物体験など県の観光名所やイベント、近江牛や近江米、近江の茶、琵琶湖でとれる魚介などの食材を紹介した。廣脇専務理事はNNAに対して、「滋賀県にはゴールデンルートとして知られる大阪や京都にはない魅力があり、東京や大阪のような大都市を訪れたことのあるリピーターにも満足してもらえる」と話し、ベトナムからの訪日旅行者の誘致に意欲を示した。
 商談会には、県内の12社・団体が出展。ベトナムからは、観光や食品関連の企業など約30社の関係者が参加した。おうみ冨士農業協同組合(JAおうみ冨士、守山市)は守山市のメロンを使用したワインやジュースなどを出展。琵琶湖の湖上交通を活用したサイクリング「ビワイチ(びわ湖一周)サイクルクルーズ」と連動して開発した県産米の栄養補給ゼリーやしそゼリーの試飲も実施し、ベトナム人の嗜好(しこう)を探った。
 社会福祉法人あゆみ福祉会(東近江市)は、県内の酒蔵6カ所で製造された地酒と酒粕を使った「湖のくに生チーズケーキ」を出展。チーズケーキを製造する「しゅしゅ工房」の責任者、大野眞知子氏は、「生ものなので日本から輸出するのは難しいが、原料となる酒粕は冷凍して輸出することが可能なので、ベトナムで作って、現地の日本食レストランなどで提供できればと思い、パートナーを探すことを目的に出展した」と述べた。
 三日月知事も会場を訪れ、商談会の様子を視察した。三日月知事がベトナムを訪れるのは、2014年11月にホーチミン市と経済・産業分野の協力に関する覚書を締結したとき以来、2回目となった。知事はNNAに対して、「滋賀県を訪れたベトナム人旅行者は宿泊者ベースで14年が約800人、15年が約1,600人、16年は上半期(1〜6月)で既に1,600人に達した」と説明。今後もベトナムとの交流を深めていきたいとの考えを示した。
 あす11日には、タイのバンコクでも同様のセミナー・商談会を開催する予定だ。

NNAの食に関する記事を表示しています。