新着情報

【シンガポール】家庭料理の販売・宅配サービスが人気

NNA 12月6日(火)1時57分配信
 シンガポールで、個人が家庭で調理した料理や菓子を販売・宅配するサービスが静かなブームとなっている。スマートフォン向けアプリ「Hcook」をはじめ、現在少なくとも3つのサービスが提供されているという。5日付ストレーツ・タイムズが伝えた。
 Hcookは今年7月に提供が始まったアプリ。現在200人の料理提供者と1,200以上の食事メニューが登録されている。シンガポール料理からタイ料理、西洋料理まで種類も豊富だ。
 料理提供者として登録した人は、自分が作った料理の写真をアプリにアップロードし、購入者はアプリ上で食べたいものを選ぶ仕組み。宅配サービスも提供されている。
 同様のサービスとしては、今年10月に開始した「ハートランド・シェフス」、11月に始まった「シェア・フード・シンガポール」があり、それぞれ144人、200人の料理提供者が登録している。
 いずれも、個人による小規模な食品提供事業について定めた、国家環境庁(NEA)の在宅小規模事業スキームのガイドラインにのっとってアプリを運営。Hcookでは、料理提供者として登録申請があると、食品衛生に関する専門知識を持つ運営スタッフが実際に調理現場を訪れ、食品の提供者としてふさわしいかどうかを審査している。

NNAの食に関する記事を表示しています。