新着情報

【ベトナム】ハイネケン、河川の浄水に100億ドン

NNA 12月14日(水)1時57分配信
 オランダのビール大手ハイネケンはこのほど、ベトナム進出25周年を記念して記者会見を開いた。ベトナムへの投資を継続するとともに、100億ドン(44万米ドル、約5,000万円)を投じて河川の浄水を実施することを明らかにした。13日付サイゴンタイムズが伝えた。
 ハイネケンがベトナム事業を手掛けるハイネケン・ベトナム・ブリュワリーを設立したのは、1991年。従業員は20人で、展開するブランドと醸造所は1つずつという体制でのスタートだった。現在の従業員数は約2,000人で、展開するブランドは8つ、5カ所で醸造所が稼働中だ。
 ハイネケンのアジア太平洋事業のフランス・ユースマン社長は「ハイネケンの事業は、従業員1人につき44人分の仕事を生み出す」とし、年間の経済効果は20兆ドン、国内総生産(GDP)の0.5%に貢献していると説明した。
 また、商品を輸入するのではなく、現地での生産や原材料の調達に力を入れていることで、ベトナム国内でさらに2兆6,000億ドンの経済効果、2万5,700人分の雇用創出効果があるとしている。会見では、100億ドンを投じて、ホーチミン市や中部ダナン市などで河川の水質浄化プログラムを推進すると発表している。

NNAの食に関する記事を表示しています。