新着情報

【タイ】フジ日本精糖、イヌリン工場に100%出資

NNA 12月16日(金)1時57分配信
 フジ日本精糖は15日、タイで機能性食品素材であるイヌリンを製造するフジ日本・タイ・イヌリン(FTI)を完全子会社化したと発表した。東南アジア諸国連合(ASEAN)の需要取り込みに向けてタイで同製品やパンの製販体制を整えており、イヌリンメーカーを完全に傘下に収めることで事業戦略を加速する。
 FTIは2012年6月設立で、資本金は3億バーツ(約9億9,000万円)。フジ日本精糖の出資比率は従来55%だったが、提携先の2社から計45%を取得して100%子会社とした。
 フジ日本精糖の担当者はNNAに対し、「タイと周辺国の需要取り込みペースを速める」と説明。イヌリンは水溶性の食物繊維で、糖尿病予防や整腸といった効果があるとされる。生産体制を早期に確立し、出荷を増やす方針だ。
 フジ日本精糖はほか、タイにイヌリンなどの卸売販売を手掛けるフジ日本(タイランド)、パン製販のデイプラス(タイランド)を置く。今年4月にスタートした3カ年の中期経営計画には、機能性素材など精糖以外の事業の寄与率を高め、2019年3月期の売上高を16年3月期実績から16.5%増の225億円に引き上げる目標を掲げている。

NNAの食に関する記事を表示しています。