新着情報

【タイ】東京諸島産の焼酎をPR、都の支援事業

NNA 1月30日(月)1時57分配信
 特定非営利活動(NPO)法人の八丈島産業育成会は27日、タイの首都バンコクで東京諸島産の焼酎をPRするイベント「トウキョウ・アイランズ・プロモーション・フェア」を開催した。東京都産業労働局の「BUY TOKYO アウト&インバウンド型東京島酒・東京諸島ブランド強化事業」の一環。
 イベントはバンコク内の飲食店で4回開催する予定で、今回は3回目。八丈島産の焼酎「ジョナリー」をソーダとレモンで割った「シマハイ」などの試飲会を開催し、タイの報道関係者や食品業者らに焼酎の魅力をアピールした。焼酎のつくり方や飲み方などの説明も行われた。
 八丈島産業育成会の山田達人理事長によると、タイへは昨年3月から定期的に焼酎を出荷しており、販路拡大を目指して定期的なイベント開催を考案。日本企業のタイ進出支援を手掛けるメディエーターの協力を得て、販売にこぎ着けた。
 山田氏は「店舗で売れることが分かれば、取引先の拡充にもつながる」と語った。会員制交流サイト(SNS)「フェイスブック」にタイ人向けのPR動画を掲載するなどして、知名度の向上につなげる考え。将来的にはタイで月240本の販売を目指す。

NNAの食に関する記事を表示しています。