新着情報

【ベトナム】1月のビール消費量、テトで20%増加

NNA 2月6日(月)1時57分配信
 ベトナム統計総局(GSO)はこのほど、国内における1月のビール消費量が前年同月比で20%増加したと明らかにした。テト(旧正月)による消費拡大が背景にあるとみられる。2日付ベトナム・エコノミック・タイムズが伝えた。
 1月のビール販売量は、前年同月比9%増の約3億2,200万リットルに上った。販売量を商品別にみると、瓶ビールが同20.6%増の670万リットル、ドラフトビールは23.3%増の1億5,440万リットル。一方、缶ビールは2%減の1億5,900万リットルに落ち込んだ。テト期にはビールのほか、たばこや牛乳、水産加工品などの消費も伸びた。
 商工省によると、昨年のビール販売量は37億8,800万リットル。1人当たりの平均消費量は42リットルで、前年から4リットル増加した。

NNAの食に関する記事を表示しています。