新着情報

【台湾】ティーライフ、4月に台湾子会社

NNA 2月15日(水)1時57分配信
 健康食品や化粧品の電子商取引(EC)を手掛けるティーライフは14日、台湾に子会社を設立すると発表した。越境ECによる台湾販売が予想以上に好調だったことから、今後は現地法人を通じてさらなるPR活動や直販に注力する。
 子会社の名称は「提来福」(仮称)で、4月をめどに台北市内に設立する。資本金は500万台湾元(約1,800万円)で、今月末までにオフィスを選定する予定。日本人従業員の常駐も検討している。
 ティーライフの広報担当者は子会社設立の背景について、「2016年10月から越境ECによる台湾販売を開始したところ、直後から売上高目標値を大きく上回る反響を得た。台湾消費者の健康志向の高さを実感し、今後も台湾市場でのシェア拡大が見込めると判断した」とNNAに説明した。
 ティーライフは自社で企画した、機能性の高い健康茶やスキンケア関連商品を販売。台湾では、黒豆、プーアール茶、烏龍茶、杜仲茶をブレンドした健康茶「メタボメ茶」が男女双方から支持を得ているという。

NNAの食に関する記事を表示しています。