新着情報

【ミャンマー】今年の飲料市場3.4億円、東南アで規模小さく

NNA 3月16日(木)1時57分配信
 TPCマーケティングリサーチ(大阪市)が実施した調査で、今年のミャンマーの飲料市場が3億4,000万円規模にとどまることが分かった。調査対象の東南アジア7カ国の中で最大のインドネシアは7,587億円、6位のシンガポールでも569億円規模で、圧倒的に小さいことが示された。ただミャンマー市場は2013年の6,000万円と比べて約5.7倍に拡大する見通し。
 同社が15日に発表した。ミャンマー市場のカテゴリー別シェアは、炭酸飲料が53.6%で最大、ミネラルウオーターが32.1%で続き、2つで85.7%を占めた。その他が14.3%。2012年の米国による経済制裁緩和後、炭酸飲料の比重が高まった。コカ・コーラとペプシコが現地生産を始めたことが要因という。炭酸飲料の比重は7カ国中で最高、ミネラルウオーターの比重はフィリピンに次いで2番目に高かった。シンガポールなどでは果汁系や紅茶系飲料の比重が比較的高かった。
 調査は昨年11月から今年2月にかけ、7カ国でアサヒグループホールディングスやサントリー食品インターナショナル、ヤクルト本社、大塚ホールディングス、ポッカサッポロフード&ビバレッジ、キリンホールディングス、伊藤園、ダイドードリンコの日系飲料メーカーのほか、コカ・コーラやペプシコ、欧州のダノンやネスレを対象に実施した。

NNAの食に関する記事を表示しています。