新着情報

【ベトナム】サッポロがキャンペーン、連休前の需要喚起

NNA 3月28日(火)1時57分配信
 サッポロ・ベトナムがホーチミン市を中心に大規模な販売キャンペーンを開始した。大型ショッピングセンターなどでのイベントや飲食店400店舗、小売店1,500店でブランドPRと販促活動を一斉に展開し、ビール消費が増える4月末〜5月初頭の連休に向けて攻勢をかけるとともに、取扱店を数百店規模で増やす。
 ホーチミン高島屋が入居するサイゴンセンターやイオンモール・ビンタンなどの商業施設4カ所に、期間限定でビール缶からなるタワーを設置し、主力商品「サッポロプレミアム」ビールを楽しめるアトラクションも開催する。タワーはブランドを象徴的にイメージしており、タワーと連動したアプリを使って来場者を呼び込む。サッポロ・ベトナムにとって大型商業施設を使った大規模な情報発信イベントは初めてとなる。次回のイベントはサイゴンセンターで29日〜4月2日まで行われる。
 タワーは、らせん状に渦を巻いており、味の頂点に続いていくのど越しや「飲み飽きないうまさ」をイメージしている。ベトナム市場への本格参入から5年を迎え、認知度は高まったことから、次のブランド戦略としてサッポロプレミアムの特徴を消費者に植え付け、「プレミアムビール」市場でのポジション確立を図る。
 タワーやタワーを模した立て看板を、飲食店やスーパーなど小売店にも設置する。各所で同時期にブランド情報を発信することで話題を作り、サッポロプレミアムの取扱店をさらに開拓するとともに、「サッポロファン」を増やす。
 サッポロ・ベトナムの2016年売上数量は前年比4%増で、15年の同6%増から鈍化した。17年は営業損益を前期から2億円改善して14億円の赤字に圧縮する計画で、今回のキャンペーンを機に販売増を目指す。

NNAの食に関する記事を表示しています。