新着情報

【タイ】ラーメン店チャブトン、3〜5年で店舗倍増

NNA 5月22日(月)1時57分配信
 タイの流通大手セントラル・グループ傘下のファストフードチェーン運営会社セントラル・レストランズ・グループ(CRG)は19日、ラーメン店「CHABUTON(チャブトン)」の総店舗数を3〜5年以内に現行比2倍の30店とし、同ブランドの年商を4億〜5億バーツ(約13億〜16億円)に引き上げる目標を打ち出した。
 現在の店舗数はバンコク14店、北部チェンマイ(セントラル・フェスティバル・チェンマイ)1店の計15店。今年はバンコク・サムヤンの商業施設「チャムチュリー・スクエア」とセントラル百貨店ラマ2世通り店の2カ所に新規出店する。その後も首都圏を中心に年2〜3店のペースで増設を続ける。
 チャブトンのポン副社長によると、昨年のチャブトンの売上高は2億5,000万バーツで、今年の増収率目標は10%。1〜4月の売り上げは既存店舗の改装などが響いて前年同期並みにとどまったが、6月に大幅なメニュー刷新を予定しており、後半に巻き返しを図る。目玉メニューの「和風コンソメラーメン」は既に試験販売を開始した。
 昨年の国内ラーメン市場は31億3,500万バーツ規模。今年は前年比5〜10%成長する見通し。

NNAの食に関する記事を表示しています。