新着情報

【インド】洋菓子ヨックモック、インド初出店

NNA 8月7日(月)1時57分配信
 洋菓子製造販売のヨックモック(東京都千代田区)は4日、インド西部マハラシュトラ州ムンバイで今月12日にインド1号店を開業すると発表した。海外店舗としては、米国やタイ、台湾、アラブ首長国連邦(UAE)などに続き、9カ国・地域目となる。
 ヨックモックは商品を日本から輸出し、地場の複合企業(コングロマリット)リバティー・グループ傘下、リバティー・ラグジュアリーズが「ヨックモック」ブランドの店舗を運営する。同ブランドを代表する葉巻型の焼き菓子「シガール」を中心に約20種類を販売する。
 価格帯は1,000〜4,600ルピー(約1,730〜7,950円)で、今後はより価格を抑えた商品の投入も計画している。ヨックモックの広報担当者はNNAに対し、「1年以内を目標に首都ニューデリーへの出店も検討している」と語った。リバティーへの出資や合弁会社設立などは検討していない。
 ヨックモックはインドの他に、米国、タイ、台湾、香港、マカオ、UAE、カタール、バーレーンに出店済み。海外店舗数はムンバイ店を合わせると、計51店舗になる。

NNAの食に関する記事を表示しています。