新着情報

【タイ】ペッパーランチ、地方や周辺国で店舗網拡大

NNA 9月19日(火)1時57分配信
 タイの流通大手セントラル・グループ傘下のセントラル・レストランズ・グループ(CRG)は、フランチャイズ(FC)展開する日本のステーキレストラン「ペッパーランチ」の年間売上高を5年以内に10億バーツ(約33億7,000万円)に引き上げる目標だ。地方都市や周辺国を含めた店舗網拡大で増収を図る。18日付ポストトゥデーが報じた。
 今年の売上高目標は4億バーツ。年初に設定した目標は3億4,000万バーツだったが、店舗増設に伴い売り上げが順調に伸びているため引き上げた。年内には4店を増設し、年末までに計32店とする。
 バンコク中心部の大型商業施設「セントラル・ワールド」内の店舗は現在改装中で、12月にリニューアルオープンする。来年は地方の観光都市を中心に計10店を増設する計画。3年以内にミャンマーとラオスにも進出する。

NNAの食に関する記事を表示しています。