新着情報

【シンガポール】地場食品のギフト商品売り場、空港に特設

NNA 11月21日(火)1時57分配信
 シンガポール食品製造業協会(SFMA)は18日、シンガポール産の食品を世界に紹介するため、国産食品のギフト商品を扱う特設コーナーをチャンギ空港に開設したと発表した。
 「テイスト・シンガポール」と命名された同コーナーは、チャンギ空港の第1、4ターミナルにそれぞれ設置された。10社以上の有力メーカーが、ラクサ(シンガポール名物の麺料理)味のクッキー、シンガポール・スリング(老舗ホテル、ラッフルズ・ホテルの名物カクテル)風味の角砂糖、バクテー(肉骨茶、豚肉の煮込みスープ)のもとなど約20製品を販売する。
 この取り組みは、政府が昨年9月に発表した食品サービス業界の「産業変革マップ(ITM)」に基づき、SFMAが24カ国・地域の空港に小売店を出店する地場フォーカス・ネットワーク・エージェンシーズ(FNA)と提携し、規格生産性革新庁(SPRINGシンガポール)の支援を受けて実施する。空の玄関口であるチャンギ空港でシンガポールの特産食品をギフト商品として売り出すことで、これらの知名度を広げ、市場開拓につなげたい考えだ。

NNAの食に関する記事を表示しています。