1. ホーム
    2. 当協会について

「食」業界のアジアへの事業展開を 支援する唯一のネットワーク

ごあいさつ


一般財団法人
アジアフードビジネス協会 
理事長 渡辺幹夫

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大は、飲食業界においてはインバウンドの需要を消滅させ、コロナ禍での店舗営業は未曾有のダメージを受け、業界地図が大きく塗り変えられようとしています。
この様な劇的な変化をもたらしたコロナ禍が終息しても、「食」に携わる業界ではこれまでの成功パターンが通用せず、既存のビジネスが時間の経過と共に淘汰され、新しいビジネスが誕生する時代を迎えています。

2012年に設立された当協会も、時代の変化、会員企業様のニーズの多様化に対応して、その活動内容を変化させて参りました。特に、今回の新型コロナウイルスのインパクトは大きく、協会活動のあり方を根本的に見直し、会員企業は勿論、「食」に携わる方々にも役立つ情報発信とともに様々な業界間での新たな連携を促すような協会活動に変えております。

そのポイントは、「変えるべきもの」と「変えてはならないもの」を明確にした協会活動だと思います。
「変えるべきもの」は、これまでのリアルでは制限があった「時間と場所とコスト」が、オンラインを活用したセミナーの開催や各種研究会の実施、打ち合わせも容易にできるデジタル技術を導入したコミュニケーションのあり方です。リアルと併用する事で、これまで以上に広がりのある協会活動が可能となります。
加えて、これまでの経験値、勘に頼った飲食業の経営から、トレンドの情報収集とその分析、消費動向や他の成功事例を如何に応用するかなどの実践的なマーケティング手法もご紹介し、皆様が時代の変化を確実に捉えた経営に変革できるように、お手伝いして参ります。 
「変えてはならないもの」は、協会設立からのミッションである『日本食を通じて、アジア各国のフードビジネス界の国際交流を促進し、食文化の発展、人々の健康と幸せな社会づくりに貢献する事』の実現です。
その為には、海外展開において成否を分かつ「絶対的な優位性を持つ商品力」「信頼できる現地パートナーの存在」「正しい立地の選定」の3つの要素が重要と考え、それを実践的にサポートしていく協会の支援態勢も整えました。

そして、当協会の強みである「国内外で活躍している事業者とのネットワーク」と「政府系海外支援機関や他の団体との連携」に更に磨きをかけ、スピードと多様性が求められる今日において、皆様がそれを乗り越えるのに必要な「コラボレーションが起こる場作り」もご提案して参ります。

会員企業に加え、「食」に携わる方々が集い、共に学び、既成概念や固定観念に縛られず、時代にあったビジネスの拡大を目指す場(プラットフォーム)である当協会に、アジアでの事業展開や新たなるインバウンドを検討されている皆様のご参加をお待ちしております。

基本理念

【和】の精神が培った、世界が注目する日本のホスピタリティをアジア各国に発信するとともに、日本とアジア各国のフードビジネス界の国際交流を促進し、食文化の発展、人々の健康と幸せな社会づくりに貢献します。

会員企業と協会を結びつける、国内外での実務経験豊富な理事会メンバー  *2019年7月現在


会員企業をサポートする理事会メンバー

評議会

評議員 田中 秋人(株式会社アジア戦略本部代表取締役社長、元イオン株式会社専務執行役)
小山 章(マレーシア桃太郎フーズ 代表取締役会長、(有)桃太郎食品 代表取締役社長)
高木 眞((株)3PLATZ 監査役 元博報堂マレーシア社長、
    元(株)博報堂事業プロデュース局長)
山川 裕隆(時事総合研究所 客員研究員(アジア担当)、元時事通信社 国際室次長)

理事・監事

理事長 渡辺 幹夫 ((株)グローイング・シーズ 代表取締役社長、
     元ジェトロ新輸出大国エキスパート 元カルフール・ジャパン執行役店長、
     元イオン(株)海外事業本部米国合弁事業)
理事 内田 達也(一般社団法人 総合研究フォーラム理事、元 清水建設(株)テナント営業部長)
中井 貫二(千房ホールディングス株式会社 代表取締役社長)
本間 義広(クックピット株式会社 代表取締役社長)
坂口 岳洋 (イノベーション・エンジン(株) エグゼクティブ・パートナー、
     元衆議院議員)
塚田 祐之 ((株)井之上パブリックリレーションズ 顧問、元日本放送協会専務理事)
今田 吉行 ((株)ユニワイド 代表取締役社長)
橘川 昭文(千房ホールディングス株式会社 執行役員 経営企画室室長、
     兼務 協会会報誌”AFBA Monthly編集長)
井之上 満明((株)井之上パブリックリレーションズ 執行役員 新規事業開発担当)
監事 山本 圭一郎(ケイズ国際税務会計法務グループ 代表 税理士 行政書士)

アドバイザー

アドバイザー 畠中 仁(株式会社アブ・アウト 会長)
宮本 賢幸 (サントリー酒類(株)営業推進 業務用統括部 専任部長)

事務局

事務局長 橘川昭文(千房ホールディングス株式会社 執行役員 経営企画室室長、
     兼務 協会会報誌”AFBA Monthly編集長)

組織の構成

アジア各国の新市場研究会(委員長:渡辺理事)

経済成長と共に発展するアジア各国の市場マーケットを、会員企業の実務経験と外部専門家の知見が相互に活かした研究会で、実際のビジネスに繋がる情報や現地とのネットワーク構築に役立つ研究会。

提携促進・広報委員会(委員長:内田理事)

国内・海外で協会に関係する組織とのネットワーク化を推進し、協会の情報源や人的資源を深めると共に協会の認知度を高める。

会員サービス向上委員会(委員長:渡辺理事)

会員企業の個別ニーズをくみ取り、協会挙げて対応すると共に、会員企業 同士のコラボレーションのサポートや会員企業へのサービス向上に努める。

会員企業一覧

クックピット株式会社  株式会社 天高く
株式会社 せたが屋 相生産業株式会社 
株式会社 イタリアントマト イオンモール株式会社 
サントリー酒類株式会社  ブルドックソース株式会社 
株式会社 カンポマリノ 株式会社 久原本家
株式会社 えどやフーズ 株式会社 ユニワイド
大成食品株式会社  株式会社 RDCホールディングス
株式会社 谷村建設 パーソル ホールディングス 株式会社
株式会社 マスダック イオンコンパス株式会社 
株式会社 フジマック 税理士法人ワイズコンサルティング
株式会社 いまでや 株式会社  ガウディア
虎門中央法律事務所 クオンタムリープアジア株式会社 
千房ホールディングス株式会社  JFCジャパン株式会社 
有限会社 まにわ製麺所 株式会社 プロエイム
株式会社ストロークホールディングス 株式会社 トッパントラベルサービス
株式会社VIDAマネジメントサービス 株式会社ファースト
ハウス食品グループ本社 株式会社 株式会社三菱ケミカルホールディングス
株式会社愛粧堂 東海漬物株式会社
株式会社トリドールホールディングス 株式会社アミノ
株式会社マイト 株式会社エビデンスラボ
株式会社クリエイティブリゾート ホテル三日月グループ 三日月物産株式会社
アセットフロンティア株式会社 株式会社楽観
有限会社亀屋紋蔵 株式会社ブレインワークス

(入会順)

所在地

一般財団法人アジアフードビジネス協会 事務局
〒262-0019  千葉県千葉市花見川区朝日ヶ丘4丁目1-24-201
TEL & FAX:043-276-0695
e-mail info@asiafood.jp